Monthly Archives: May 2014

民事再生

民事再生は債務整理のひとつの方法です。
ただし誰でも民事再生が適用されるというわけではありません。
さらに民事再生の申請には専門的な知識や、書類が必要なので弁護士など専門家の助けが必要です。
その分依頼料などもかかりますが、月々の返済額を減らしたり、返済方法や返済期間の変更が可能です。
借金が帳消しになるわけではありません。
民事再生は、借金の総額が5,000万円以下の場合です。
返済が厳しい状態でも、継続して収入を得ることができることが条件です。
民事再生は会社などの企業や個人を対象としていますが、対象が違えば条件も少し変わってきます。
自己破産の可能性があっても、財産を維持したまま返済を続けることができます。
住宅ローンなどがあっても、返済期間や返済回数の延長ができることもあります。
ただし借りた分は返さなくてはいけません。
民事再生が適用されると、信用情報機関に登録されるので、10年程度カードローンの申し込みやクレジットカードの申し込ができなくなるというデメリットもあります。